インプラント治療について -安全で的確に-


以前はインプラント治療は成功する方と、そうでない方がいました。
治療する側も症例を選び指導を徹底して行っても、埋めた金属と骨がうまく結合せず、患者様の満足が得られない場合がありました。しかし、ここ4~5年のインプラント治療の進歩により、
生体や骨との結合性がかなり向上し、よりご自分の歯のようにお使いいただけるようになりました。
 

当院のインプラントは・・・

体に害のない純チタン材に、ハイドロキシアパタイトという骨の成分の一つで、骨と直接結合する材料を表面にコーティングしてありますので、生体と結合しやすいのが特徴です。
生体との結合が早いため、手術が1回で済み、噛めるまでになるのが約2~3ヶ月程度と、健康な歯に回復するまでの期間がとても早いことも特徴です。
日本歯科大学口腔外科出身の歯科医師と連携をとりながら治療いたしますので、より安全で的確な治療を行っております。
また、手術回数が1回なので費用も他医院より安く抑えることができました。

以下の写真は、当院での実際の治療例です
この写真の患者様は、はじめは部分入れ歯を入れていましたが、やはり自分の歯でしっかり噛みたいというご要望があり、インプラントを入れました。

-1.jpg

-2.jpg

-3.jpg

手術時間は約1時間。
インプラントを埋め込み後、定期的に状態を確認し、3ヶ月後にセラミックの歯を入れ、治療は完了しました。
患者様には「これで他の人とのお食事でも、歯を気にしなくなったし、しゃべりやすくなった。」と大変ご満足していただけました。 その後は定期的に状態を確認し、メンテナンスを行っています。
 

インプラント治療の流れ

1.検査 患者様の口腔内を拝見し、X線写真等でお口の中の状態や骨の組織の状態を調べます。
検査の結果を詳細にご説明し、これからの治療計画をお話いたします。
 
2.治療の前に 口腔内が清潔な状態でないと、インプラントは入れられませんので、歯のクリーニングをします。
軽度の歯周病の方は治療が必要です。(歯周病治療は保険)
喫煙習慣のある方は、禁煙する必要があります。
 
3.治療開始  

 

インプラントの長所

入れ歯のようなわずらわしさがなく、ご自分の歯のようにしっかり噛め味覚も低下しない。
審美性が良好で、お口の中の違和感がない。
周囲の健全歯を傷つけることがない。
定期的なメンテナンスをきちんとすれば、ほぼ一生使える。
 

インプラントの短所

歯を抜く場合と同程度の手術が必要なので、体質や疾病(重度の歯周病、糖尿病など)によっては治療ができない場合がある。
保険適用外なので、治療費がかかる。

 

※ 保険外の費用は、 こちら をご覧下さい。